スケジュール管理をしっかりと

看護師や介護士が残業をしないためには、スケジュール管理が大切です。想定外の事態が起こりやすいのが臨床現場であり、そのトラブルに対処している間に時間が刻々と過ぎてしまいます。トラブルがあるとやるべきことを定められた時間に行うのを忘れてしまったり、処理すべき仕事の順番を間違えてしまったりするミスが増えてしまいがちです。それがまた仕事の量を増やしたり、トラブルを生んだりしてしまい、余計な時間を費やさなければならなくなってしまうでしょう。

その悪循環を断ち切るために必要なのが、スケジュール管理です。習慣として、必ず毎朝、一日のスケジュールを立てるようにして、そのスケジュールを手元に持っておきましょう。想定外のことが起こったり、スケジュールに入っていなかった仕事を任されたりした場合には、必ずそのスケジュールを見て記入や変更をするのが簡単な対応策です。何度も繰り返してスケジュールを見るため、やらなければならない仕事の順番を間違えることもありません。その都度記入を行っていくと頭の中も毎回整理されるため、効率的に行う手順を再考することもできるでしょう。朝に立てたスケジュール通りに行えないことを前提に、ゆとりを持ってスケジュールを作成しておくことが大切であり、余裕があれば前倒しをして働くようにすると残業を減らしていけます。柔軟な対応がしやすくなることに加えて、トラブルに追われても見落としがなく間違いのない仕事が実現できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です