ツールを活用することで

比較的大きな病院で医療職で働いていると、入院している患者の容態が急変したり、救急で患者が運び込まれたりなど、臨機応変な対応が余儀なくされます。突然の変化が多いため、朝に立てたスケジュール通りに働けることはあまりありません。時間が経つにつれて仕事が増えてしまい、連日のように残業をする日々になってしまうでしょう。残業をしないコツとして覚えておきたいのが、仕事の無駄を無くすことです。増えてしまった仕事は必ずこなさなければならないのが医療職の定めであり、そこで手を抜くわけにはいきません。無駄を無くして効率的に作業をこなしていく姿勢を持ちましょう。

その際に役立つのがツールです。今や医療の現場にもIT革命が起こっており、医療現場用のスマートフォンも発売されています。そのスマートフォンを活用して、手帳で管理していたスケジュールをスマートフォンで行うと、変更の際の書き換えが速やかに行えます。情報伝達もスマートフォンで行うようにすると、その内容をそのままコピーしてスケジュールに追加したり書き換えたりすることができるでしょう。口で伝えるのと違って情報伝達も場所を選びません。現場でスマートフォンによる情報伝達が慣習化されてくると、記号一つで指示を出すことも容易になります。数分かかっていた作業を数秒で行えるようにするだけで、積み重なっていくと一時間以上の節約になります。また、医療用のスマートフォンはナースコールと連動されており、患者の急変時にナースステーションを介さず患者の元へ駆けつけることが出来るため、時間の節約が出来ます。

こういった便利なツールを活用し無駄を省いていくことで、効率的に仕事がこなせるようになり、残業を減らすことに繋がります。