職場の雰囲気が重要

看護師や介護士が臨床現場で働いていると、残業の日々になることはよくあります。残業をしないために工夫をすることは大切なことですが、個人がいくら工夫を重ねたとしても残業が減らない場合もあることに注意しましょう。

残業が減らせるかどうかには職場の雰囲気が重要であり、残業をするのが当然であるという雰囲気がある場合には、工夫をしても効果が上がりません。上司がサービス残業をする人も多いのが多くの臨床現場であり、仕事を終えても帰りにくい職場になってしまっている場合もしばしばあります。また、誰もが残業をしても良いと考えてしまっていると、互いに少しずつ牽制しあって残業時間が延びていってしまうことも珍しくありません。このような職場で工夫をして残業をしないようにしようとすると、却って浮いた時間に別の仕事が増えてしまって結局は残業から抜け出せなくなりがちです。

そのため、残業をしないためには職場を雰囲気で選ぶことが大切になります。誰もが時間通りに仕事を終えられるようにしようという気持ちを持って仕事に取り組む職場であると、工夫を重ねていけば残業が減っていきます。看護師や介護士には女性が多く、家庭の仕事も考えると、本来は時間通りに仕事を終えたいと考えている人が多いでしょう。上司が主導権を握って自ら時間通りに帰るように努力し、その気持ちを共有して前面に出しているような職場であれば工夫のしがいもあり、残業も自然に減っていきます。残業をしないためには、職場選びの段階から考え始めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です